元「WANS(ワンズ)」のボーカリスト、上杉昇(しょう)
 


世界の芸能・面白ニュース(外部サイト)
世界で最も高級なエスコートガールたち
笑わずにはいられない! 面白 gif 30選!
口説き方【上級編】 常勝モテ男 恋愛レシピ100 [PR]
あなたならどっちを選ぶ?13の究極の選択
爆笑!無視できない面白動物たち
夫の不倫対処マニュアル [PR]
ドラッグ中毒になるとここまで人は変貌する!
YouTubeで100万再生以上の「泣ける歌」27曲
 [PR]



o0352025511216832390



【音楽】元WANDSの上杉昇「WANDS(アイドル時代)は“やらされてる感”がすごくありました」「音楽性が自分に合ってなかった」

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1466086316/

1:  2016/06/16(木) 23:11:56.20 ID:CAP_USER9
90年代に彗星のごとく現れ、ミリオンヒットを連発しつつも、表舞台から突如姿を消した真相をセキララに語った元WANDS・上杉昇の衝撃インタビュー! 

■「WANDS」とはなんだったのか? 
驚きを隠せない読者も少なくないだろう。ロン毛でシュッとしたイケメンだったJ-POPの人気ボーカリストが今、“クレイジー”とも形容できるネイティブ・アメリカンの衣装とメイクでステージに立っているのだから…。元「WANS(ワンズ)」のボーカリスト、上杉昇(しょう)である。 

o0352025511216832390

『もっと強く抱きしめたなら』『時の扉』『世界が終るまでは…』ーー1991年にデビューし、これらのミリオンセラーを連発したWANDSを覚えている方も多いはず。だが、イケイケのトップアーティストだったにもかかわらず、上杉は人気絶頂の1997年、突如、WANDSを脱退。程なくしてメジャーシーンからも姿を消していくことになるのだ。 

WANDSのデビューから今年で25年ーー。 
現在はソロアーティストとしての活動と「猫騙(ねこだまし)」というバンドの活動を並行して行なっているという上杉に、WANDS脱退の真相やその後の紆余曲折(うよきょくせつ)、そして現在のバンドでネイティブ・アメリカンスタイルを貫く意味など、率直な質問をぶつけてみた。 

WandsPort

■やらされていた“アイドル時代” 
―まずデビュー25周年を迎えられた心境は? 
上杉 正直、気づけば25年という感じで、あまりピンときてなくて。世間の皆さんからすると、たぶん自分は今でも“WANDSの上杉”なんでしょうけど、WANDSなんて実質4年ちょっとしかやっていないんですよね。 

―10代でデビューして、あっという間にスターダムに駆け上がったわけですよね。ぶっちゃけ、調子に乗っちゃってた時期もあるのでは?(笑) 
上杉 当時は、中身はどこにでもいる19歳や20歳の子供でしたしね(苦笑)。でも調子に乗っていたかというと、そうでもなくて。もう“時効”だから言いますけど、自分の中でWANDSは“やらされてる感”がすごくありましたから。 

―“やらされてる感”? 
上杉 WANDSの音楽性が自分に合ってなかった。それはもう最初から。僕は洋楽なら「GUNS N’ ROSES」ど真ん中の世代だし、日本のバンドなら「LOUDNESS」に憧れて音楽やっていたクチだったから、デビューする前はファッションもゴリゴリで。鼻と耳のピアスをチェーンでつないでたような見た目だったわけですよ。 
>>2以降に続く) 
http://wpb.shueisha.co.jp/2016/06/16/66699/

2:  2016/06/16(木) 23:12:03.40 ID:CAP_USER9
>>1の続き) 
―デビュー前のオーディション時もそういった風貌で? 
上杉 もちろん。で、オーディションに受かって、プロデューサーからは「ロックバンドでデビューさせてやる」って言われてたから、自分のロッカーとしての道が開けた…と思って飛びついたんですけど、フタを開けてみたら、ロックはロックでもデジタル系のポップ路線で…。まさか鼻ピにチェーンつけてたような男に『もっと強く抱きしめたなら』みたいな爽やかな曲を歌わせるなんて思ってもみなかったから(苦笑)。だから「話が違うだろ」って気持ちはWANDSの最初からあった。あの“アイドル時代”を振り返ると「自分がやりたいのはコレじゃなかったのに」って気持ちがやっぱり強い。 

―“アイドル時代”(笑)。まさか自身でWANDS当時をそんなふうに揶揄(やゆ)するとは。 
上杉 世間に浸透してしまった“上杉昇”のイメージと自分の本質は全然違うのにって、歯がゆさがありましたね。ただ、WANDSにいた自分の全部を否定してたわけでもないですけどね。作詞した歌が世の中で高く評価してもらえたのは、それはそれで嬉しかったので。 

―しかし、本当にやりたい音楽を押し殺し続けることはできたんですか? 
上杉 いや、さすがにずっとはムリでした。『世界が終るまでは…』の次に出したシングルが『Secret Night~It’s My Treat~』という曲で、これは最初、WANDS用に作られた曲じゃなかったんです。けど、初めて曲を聴いた時、「これだ!」って思って。プロデューサーにどうしてもこの曲を歌いたいって直談判して、初めてワガママを押し通したって感じでしたね。それに、それから出したシングル2曲は作詞だけじゃなくて作曲もメンバー内でやらせてもらえて。 少しずつですけど、自分のやりたい音楽をやれてたって感覚だったんですよ。 

―確かに『Secret Night~It’s My Treat~』を含む、上杉さんが脱退されるまでの3作のシングル曲は、従来のWANDSとは違うオルタナティブロックを感じさせる楽曲でした。 
上杉 実は、結果的にラストシングルになった曲の、その次のシングル曲の候補もあったんです。ただ、プロデューサーが持ってきたその曲は、元のポップ路線だったんで…これはもう、僕はWANDSにはいられないなって。 

◆脱退から約20年、ネイティブ・アメリカンスタイルを貫く意味、まだ壊れていない!と語る、その生きざまとは…。 
(おわり) 
上杉 昇(うえすぎ しょう、英語: Show Wesugi、本名:同じ、1972年5月24日 - )は、日本のミュージシャン、ボーカリスト。

mig

神奈川県横須賀市出身。血液型はA型。身長172cm。

1990年、長戸大幸の主宰するBEING音楽振興会に講師の紹介により入会する。 アレンジャー・作曲家の大島康祐と、同振興会主催のオーディション出身の柴崎浩と出会い、WANDSを結成する。 91年~96年、WANDSのボーカルとしてビーイングに所属し、シングル11枚、オリジナルアルバム4枚をリリース。

51a4JJnoMTL

1995年、ロック・グランジ・オルタナティブという自身の音楽性を、ダイレクトに表現するようになっていく。それにより、WANDSのデジタルポップ路線を望む会社側との間に食い違いが生じ始め、1996年にグループ活動停止し、1997年初頭、柴崎浩と共にWANDSを脱退。

1997年11月、柴崎浩とのユニットal.ni.coを結成。 1998年3月、シングル「TOY$!」でデビューし、以降シングル計3枚・アルバム1枚をリリースした。

2001年、ツアー終了とともにal.ni.co解散。 自身のレーベルpojjo record(ポジョ・レコル)を設立し、ソロ活動を開始。 al.ni.co以降、今まで行っていた作詞と共に、ほぼ全曲の作曲を手がけるようになる。内省的な歌詞・ザラついたギターサウンドを追求し、ライブ重視のサウンドへと移行。

2005年、PATA(X JAPAN)とのコラボシングルをリリース。

2006年、「寂しさは秋の色」(WANDS)や「TOY$!」(al.ni.co)などの楽曲をセルフカバーし収録したデビュー15周年記念アルバム『SPOILS』をリリース。

2007年、猫騙というバンドを結成し、ライヴ活動をスタートする。

wiki

5:  2016/06/16(木) 23:19:17.67 ID:Wc+i59If0
ってかWANDSってアイドルグループだったのかよ 

8:  2016/06/16(木) 23:20:27.37 ID:lwaqIcK30
>>5 
やらされてるという意味でしょ 
d0335541_06051215

21:  2016/06/16(木) 23:25:26.67 ID:TSjCMSNVO
>>5 
歌って踊るだけがアイドルじゃないぞ 

10:  2016/06/16(木) 23:20:39.37 ID:zdSQfMPD0
お前らの青春は若者をだまくらかす為に嘘で塗り固められた  
単なる消費文化だ、わかったか?  
90年代はよかったなんてことはない、  
疑問を持つ人間が断絶され物申すのが許されていなかっただけのことだ  

上杉昇さんの現在のお姿  

no title

321:  2016/06/17(金) 02:15:51.72 ID:8clf9blX0
>>10 
どっかの酋長か 

16:  2016/06/16(木) 23:24:07.61 ID:+48t6cxQ0
素晴らしい才能を持ってるのに残念だな 
やりたいことはプライベートでやれば 
いいのに 
今の変なバンド観たけど唄に磨きが 
かかってるのに曲は超絶クソみたいな感じ 

18:  2016/06/16(木) 23:24:35.79 ID:moiJq3nB0
現在のWANDSメンバー 

no title

26:  2016/06/16(木) 23:27:25.93 ID:p5IUAPQs0
>>18 
誰だよ 
誰と誰と誰だよ 

39:  2016/06/16(木) 23:31:41.42 ID:2ktZvLoI0
>>26 
左から 
木村柴崎大島 

33:  2016/06/16(木) 23:29:28.57 ID:0rUXQMxP0
https://www.youtube.com/watch?v=Ag4TwHLeRFo



ありふれた言葉で 

これたまらん 

38:  2016/06/16(木) 23:30:54.30 ID:u29B9F3h0
商業バンドと言っても商品として洗練されてて 
ちゃんと売り物になってたよね。 
今はもう違うもんな、握手券を売ってCDは付録みたいな 

42:  2016/06/16(木) 23:32:12.39 ID:y3KdJYkz0
ワンズなかったら、今のお前なんて誰も知らんと思うな。感謝はしろよ。うぬぼれんな! 

47:  2016/06/16(木) 23:34:56.05 ID:7WgS98LO0
CD捨てずに持ってるで 

56:  2016/06/16(木) 23:39:52.69 ID:DFwBgn13O
なんの説明もなしにいきなり去ったよな 
mi

71:  2016/06/16(木) 23:46:02.29 ID:kGdrXJPB0
お前らがそんなにWANDSが好きだったなんて 

104:  2016/06/17(金) 00:04:55.36 ID:MDAncVXX0
天才だったがソロですると言う器用さがなかった 
もったいない 

114:  2016/06/17(金) 00:08:01.01 ID:/5XgSfsV0
事務所辞めた時にも同じ事言ってて 
まだそんな事言ってるのかよ 

170:  2016/06/17(金) 00:36:38.36 ID:B40Uj/XX0
secret nightは初めて聴いた時に戦慄が走った。 

180:  2016/06/17(金) 00:41:33.59 ID:ugFEzXRs0
>>170 
secret nightよいよね 
歌詞に当時の葛藤がよく表れてる 
https://www.youtube.com/watch?v=odMTxsYEyGQ


https://www.youtube.com/watch?v=PbgKEjNBHqM


187:  2016/06/17(金) 00:44:14.82 ID:a2YrxjHL0
やっすい言葉になっちゃうけど本物の歌手だと思う 

190:  2016/06/17(金) 00:46:42.55 ID:+BC9sIpj0
いっつもふてくされてたイメージ 
default_7862549f9b9c315efe63188b188abb02

234:  2016/06/17(金) 01:16:46.21 ID:zc6D9Twf0
やらされてる感って 
ドラマや映画の役者もCMも宝塚も同じ 
それでもやりたいと思う人がすればいい 

278:  2016/06/17(金) 01:41:17.18 ID:A4MDac4/0
今聞いてもいいな あんときは景気良かったなぁと思うわ 

340:  2016/06/17(金) 02:52:10.62 ID:XWXHBk770
https://www.youtube.com/watch?v=yF4ITDBZLog



このころは綾部をかっこよくした感じで歌声も神でこれは売れますわ 

343:  2016/06/17(金) 02:55:52.11 ID:d9WYPpTt0
>>340 
ギターの方がイケメンだな 

242:  2016/06/17(金) 01:19:11.07 ID:N75G+I7M0
やらされててもあれだけやれればホントスゴイと思うよ 
やりたくてもやれない、売れないミュージシャンが殆どの中で 
d0335541_05083135

244:  2016/06/17(金) 01:19:52.43 ID:+ytY8AS00
芸能人は誰でも虚像と現実の自分のギャップに悩むらしいが、この人は特に耐えられなかったんだろうな




世界のセレブの芸能ニュース(外部サイト)
それでも整形している事を認めないセレブ達
これは酷い!セレブも有名ブランドもフォトショップ加工失敗!
夫の不倫対処マニュアル [PR]
画像修正無し!美人セレブのドアップ写真
やっぱり肌を漂泊しているブラックセレブはたくさんいた!
口説き方【上級編】 常勝モテ男 恋愛レシピ100 [PR]
歯をお直ししたセレブのビフォーアフター
え、そんなに?思ってたよりずっと背が低いセレブの身長
 [PR]